ふしぎちゃん物語

小さい音がきこえるよ

「かちかちかち。小さい音が聞こえるよ。」 何の音?っておもってね、 また歩いてみたの。 (さらに…)

ふしぎちゃんの思い出

ママが遠い目をして言いました。 ふーちゃんが一年生の時のなつかしいお話。 ふしぎ小学校の帰りにね。 ふーちゃんと、くーちゃんと、ゆーちゃんは 3人で500円を拾ったの。 (さらに…)

ばら色の人生ってどんな色?

「ばら色」ってどんな色 
※。.:*:・'°☆※。.:*:・'°☆
ふしぎちゃんは思いました。ばら色ってどんな色なんだろう。
たとえばポンパドール夫人が作ったポンパドールピンク。
オペラ(ピンク)あるいは真紅のバラかな。人生ばら色ってどんな色なんだろう。
(さらに…)

猫のアンダーソン

あるとき、ワルツィングキャットという曲にのって気持ちよくワルツを踊っていた猫が キセキよって 音楽から飛び出してきたのです。

にゃお~ん♪

「こんにちはふしぎちゃん私の名前はアンダーソンっていうのよ。よろしくね」 (さらに…)

ふしぎ世界の一日

朝です。ふしぎちゃんの朝を告げる水注がラッパを吹きます。

「ぷっぷくぷー♪。」

すると、一斉に真っ白だった世界に色がつきはじめます。 (さらに…)

ふしぎちゃん物語 プロローグ

ふしぎちゃんの言葉は ドレミファソラシドでできています。 いろはにほへと、という民族もいるようです。 (さらに…)

← 戻る