お火焚き饅頭^^

今日は浪川菓舗さん、お菓子屋さんに行ってきました。

そこで、こんなおはなしと雑誌の記事を見せていただきました。

京都のお火焚き饅頭は、

このお菓子です。

京都ではこの季節にお火焚き饅頭とおこしとみかんをいただきます。

火への感謝とその力に畏敬の念を抱くお火焚き。

火の用心饅頭と呼ぶこともあるそうです。

 

昔も、今も、半紙の上におこし、みかん、お火焚き饅頭。

陶芸の仕事場の窯の上にお供えしていたそうです。

火炎宝珠の焼き印です。

もうすぐ冬。お正月の用意をしたり、季節の移ろいを感じさせるお饅頭なのです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

← 戻る